愛知大学野球連盟所属、愛知教育大学硬式野球部のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛教大vs淑徳大②(平成27年秋季リーグ戦)
2015年10月23日 (金) | 編集 |
10月12日に行われました、愛教大vs淑徳大の試合内容です。

淑徳大
140001001 7 H6 E4
011021000 5 H8 E0
愛教大

愛教大
森田 (#41 4年松本工業[長野])、神谷 (#37 2年知立東)ー坂野 (#99 1年春日井)

投手成績
森田 1回2/3 48球 被安打1 四死球5 奪三振1 自責点5
神谷 7回1/3 91球 被安打4 四死球4 奪三振2 自責点2

スタメン

1 3B 安藤 (#61 1年高蔵寺)
2 LF 長坂 (#39 2年知立東)
3 RF 加藤(雅) (#23 4年一宮西)
4 DH 松野 (#26 3年大垣北[岐阜])
5 2B 水野(貴) (# 2 4年旭野)
6 1B 西尾 (#10 4年旭野)
7 CF 濱中 (#25 2年知立東)
8  C 坂野 (#99 1年春日井)
9 SS 加藤(尚) (# 6 3年知立東)
   P 森田 (#41 4年松本工業[長野])

試合経過

1回表、先発の森田は、先頭打者に四球を与えると、犠打とタイムリーヒットで1点を失う。0-1

2回表、一死から四球とヒットなどで満塁のピンチを背負うと、押し出しの四球を与えたところで、森田は降板。代わって登板の2番手の神谷は、押し出しの四球とタイムリーヒットを浴び、3点を失う。0-5

2回裏、先頭の松野が二塁打で出塁すると、その後6番西尾のライト前タイムリーヒットで1点を返す。1-5

3回裏、先頭の9番加藤がヒットで出塁すると、その後一死満塁の場面で、松野の内野ゴロが相手のエラーを誘い、1点追加。2-5

5回裏、一死から3番加藤が四球で出塁すると、その後連続四球などで、二死満塁とすると、7番濱中のセンター前タイムリーヒットで2点追加。4-5

6回表、一死から内野安打を許すと、その後タイムリーヒットを浴び、1点を失う。4-6

6回裏、一死から1番安藤が四球で出塁すると、その後二死二塁の場面で、3番加藤が左中間へのタイムリー二塁打を放ち、1点追加。5-6

9回表、先頭打者に四球を与えると、その後二死二塁の場面で、タイムリーヒットを許し、1点を失う。5-7

9回裏、三者凡退におわり、ゲームセット。愛教大が、5-7で敗れました。

投手陣は、立ち上がりの失点の後は、全体的に安定したピッチングが出来ていたと思います。中盤からは接戦が続きましたが、その中で1点の重みというものが最終的な点差に繋がっていったと思います。

野手陣は、立ち上がりの失点の後も集中力を切らさずに得点を重ねていくことができたことはよかったと思います。中盤から終盤にかけて、どちらが先に点を取るのかというところで、点を取り切れなかったことが大きく響きました。
2番長坂は4打数2安打、6番西尾は4打数2安打1打点でマルチ安打でした。

更新が遅れて、申し訳ございません。
この試合の敗戦で、秋季リーグ戦が終了し、3部残留が決定しました。
近日中に、今リーグの振り返りを載せる予定です。
また、リーグ戦期間中、多くの方にご声援をいただき、本当にありがとうございました。
来春のリーグ戦に向けて、日々の練習に全力で取り組んでいきます。

スポンサーサイト
愛教大vs淑徳大①(平成27年秋季リーグ戦)
2015年10月23日 (金) | 編集 |
10月10日に行われました、愛教大vs淑徳大の試合内容です。

愛教大
101000010 3 H 6 E2
01011006X 9 H11 E1
淑徳大

愛教大
神谷 (#37 2年知立東)、渡邉 (#21 2年天白)ー坂野 (#99 1年春日井)

投手成績
神谷 7回1/3 128球 被安打10 四死球6 奪三振4 自責点7
渡邉 2/3回 12球 被安打1 四死球2 奪三振0 自責点0

スタメン

1 3B 安藤 (#61 1年高蔵寺)
2 LF 川東 (# 5 2年桑名[三重])
3 RF 加藤(雅) (#23 4年一宮西)
4 2B 水野(貴) (# 2 4年旭野)
5 DH 宮地 (#55 2年滝)
6 CF 濱中 (#25 2年知立東)
7 1B 西尾 (#10 4年旭野)
8  C 坂野 (#99 1年春日井)
9 SS 松田 (#36 2年瑞陵)
   P 神谷 (#37 2年知立東)

試合経過

1回表、先頭の安藤が四球で出塁すると、続く2番川東が犠打を決め、その後一死満塁とすると、5番宮地がライト前タイムリーヒットを放ち、1点先制。1-0

2回裏、先発の神谷は、一死から連続ヒットを許し、同点に追いつかれる。1-1

3回表、二死から3番加藤、4番水野の連続二塁打で1点追加。2-1

4回裏、先頭打者に四球を与えると、ヒットと四球などで一死満塁のピンチを背負うと、併殺崩れの間に1点を失い、同点に追いつかれる。2-2

5回裏、一死からヒットを許すと、その後タイムリーヒットを浴び、1点を失う。2-3

8回表、先頭の安藤がヒットで出塁すると、その後、一死二塁の場面で、加藤がセンター前タイムリーヒットを放ち、同点に追いつく。3-3

8回裏、先頭打者から連続ヒットと四球などで一死満塁のピンチを背負うと、タイムリーヒットを許し、エラーも絡み、打者走者まで生還を許し、4点を失う。さらに、二塁打と四球を与えたところで、神谷は降板。代わって登板の2番手の渡邉は、四球とタイムリーヒットで2点を失う。3-9

9回表、二死から三連続四球で満塁のチャンスをつくるも、無得点におわり、ゲームセット。愛教大が、3-9で敗れました。

投手陣は、ほぼ毎回走者を背負うピッチングとなりました。終盤まで接戦が続きましたが、最後まで持ちこたえることができませんでした。

野手陣は、意識していた先制点を奪うことができましたが、初回の一死満塁で1点のみと、追加点を奪うことはできませんでした。中盤以降は、チャンスも少なく、8回に追いつきはしましたが、流れを完全に自分たちのものにできなかったことが大きく影響したと思います。
3番加藤は4打数3安打1打点で猛打賞の活躍でした。

愛教大vs淑徳大②(平成27年秋季リーグ戦)中止のお知らせ
2015年10月11日 (日) | 編集 |
本日、予定されていた秋季リーグ戦 vs淑徳大 (13時~)は雨の影響により、中止となりました。
この試合は明日12日(13時~)に順延となります。

宜しくお願いいたします。

愛教大vs淑徳大①②(平成27年秋季リーグ戦)PREVIEW
2015年10月09日 (金) | 編集 |
今週末、10日(10時~)、11日(13時~)に秋季リーグ戦 vs淑徳大 が行われます。
試合会場は、愛教大グランドです。

現在、愛教大は5勝1敗で3部Bリーグの首位タイとなっております。
この2連戦で連勝すると、プレーオフへの進出が決定します。
皆様のご声援を宜しくお願いいたします。

愛教大vs南山大②(平成27年秋季リーグ戦)
2015年10月05日 (月) | 編集 |
10月4日に行われました、愛教大vs南山大の試合内容です。

南山大
310011100 7 H11 E2
00020240X 8 H11 E3
愛教大

愛教大
森田 (#41 4年松本工業[長野])、神谷 (#37 2年知立東)ー坂野 (#99 1年春日井)

投手成績
森田 2回0/3 67球 被安打3 四死球7 奪三振0 自責点3
神谷 7回    92球 被安打8 四死球1 奪三振6 自責点3

スタメン

1 3B 安藤 (#61 1年高蔵寺)
2 LF 川東 (# 5 2年桑名[三重])
3 RF 加藤(雅) (#23 4年一宮西)
4 DH 松野 (#26 3年大垣北[岐阜])
5 2B 水野(貴) (# 2 4年旭野)
6 CF 濱中 (#25 2年知立東)
7 1B 西尾 (#10 4年旭野)
8  C 坂野 (#99 1年春日井)
9 SS 加藤(尚) (# 6 3年知立東)
   P 森田 (#41 4年松本工業[長野])

試合経過

1回表、先発の森田は、先頭打者に四球を与えると、連続ヒットで1点を先制される。さらに、連続四球で押し出し、1点を失う。その後、エラーなどで1点を失う。0-3

2回表、先頭打者を死球で出塁させると、その後、二死二塁からタイムリーヒットを許し、1点を失う。0-4

4回裏、先頭の松野がヒットで出塁すると、続く5番水野が犠打を決め、その後二死二塁の場面で、7番西尾がレフトへの2ランホームランを放ち、2点を返す!2-4

5回表、3回途中から登板していた2番手の神谷は、先頭打者から連続ヒットを許すと、内野ゴロの間に1点を失う。2-5

6回表、一死からソロホームランを打たれ、1点を失う。2-6

6回裏、先頭の松野、続く水野が連続四球を選び、重盗に成功。その後、二死二、三塁となるも、8番坂野のライト前タイムリーヒットで2点追加。4-6

7回表、先頭打者にヒットを許すと、犠打とタイムリー二塁打で1点を失う。4-7

7回裏、一死から2番川東がヒットで出塁すると、続く3番加藤が二塁打でつなぎ、その後二死満塁の場面で、6番濱中がセンター前タイムリーヒットを放ち、2点追加。さらに、続く西尾がレフトオーバーのタイムリー二塁打を放ち、2点追加、逆転に成功。8-7

9回表、ヒットを許すも、アウトを全て三振で奪い、ゲームセット。愛教大が、8-7で勝利しました。

投手陣は、序盤から中盤にかけてほぼ毎回先頭打者を出塁させてしまったことが失点に大きくつながりました。先頭打者への意識を強くしていきたいです。試合全体としては、1回2回と連続失点した後、3回にも森田が無死満塁のピンチを背負いましたが、代わって登板した神谷がこれを無失点で凌いだことが大きかったと思います。

野手陣は、11安打8得点という結果でした。序盤は前日の試合と同様、チャンスをつくるも、あと1本が出ない「タイムリー欠乏症」の状態でした。その中で、4回裏の西尾の2ランホームランは反撃のきっかけとなりました。流れが良くないビハインドの状況下でのホームランはチーム全体にもいい影響があったと思います。さらに、西尾は7回裏にも逆転打となる2点タイムリー二塁打を放つなど、2安打4打点の活躍でした!3年生の一部が教育実習中であるため、現在主将を任されている旭野高校出身の一塁手の活躍に今後も期待です。
1番安藤は5打数2安打、2番川東は4打数2安打、7番西尾は4打数2安打1本塁打4打点、8番坂野は3打数2安打2打点でマルチ安打でした。

今後の試合につきましては、随時、PREVIEWでお知らせしていきます。
皆様のご声援を宜しくお願いいたします。



今日の談話

4回裏に2ランホームラン、7回裏に逆転2点タイムリー二塁打を放った西尾(4打数2安打1本塁打4打点)
――ホームランの場面とタイムリーヒットの場面、それぞれ打席に入ったときの心境は
  「ホームランを打った場面はランナーが二塁にいたからそのランナー返すことしか考えてなかった。逆転タイムリーの場面は今日は自分の日だと思ったし決めるのは自分かなと思った。いいところを見せたいという思いも正直あった。 」
――ホームランの場面、打った球種と手応えは
  「打った球種はストレートで手応えとしては2センチ差し込まれたからどうかなっていう感じだった。」
――主将として今後の試合への意気込み
  「キャプテンとしての自分が西尾寛太良の中で一番自信のあるところだから残り試合を通してその姿から後輩たちに何かを感じてほしい。淑徳戦に勝ってプレーオフに行くことしか考えてない。」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。