愛知大学野球連盟所属、愛知教育大学硬式野球部のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛教大vs至学館大(平成26年度新人戦)
2014年06月10日 (火) | 編集 |
6月7日に行われました、愛教大vs至学館大の試合内容です。

至学館大
300000200 5 H9 E0
100000000 1 H4 E4
愛教大

至学館大
白井、細井、伊藤ー片山
愛教大
神谷(#37 1年知立東)、 柴田 (#44 2年名古屋)、 加藤(尚)(# 6 2年知立東) ー松野(#26 2年大垣北[岐阜])

投手成績
神谷 6回1/3 104球 被安打7 四死球4 奪三振3 自責点4
柴田 1回2/3  24球 被安打2 四死球1 奪三振0 自責点0
加藤 1回       9球 被安打0 四死球0 奪三振0 自責点0

スタメン

1 1B 野村 (#38 2年瑞陵)
2 CF 濱中 (#25 1年知立東)
3 LF 佐々木(#13 2年春日井)
4  C 松野 (#26 2年大垣北[岐阜])
5 2B 山本 (# 1 2年岡崎北)
6  P 神谷 (#37 1年知立東)
7 3B 石川(#77 2年刈谷北)
8 SS 加藤(尚)(# 6 2年知立東)
9 RF 長坂 (#39 1年知立東)

試合経過

1回表、相手の先頭打者をエラーで出塁させてしまうと、その後四球も続き、一死一、二塁のピンチで、四番打者にタイムリーヒットを許し、1点を先制される。さらに、ヒットを連打で許し、2点を失う。0ー3

1回裏、先頭の野村が内野安打で出塁すると、2番濱中の犠打で一死二塁のチャンスを作ると、4番松野がライトオーバーのタイムリー二塁打を放ち、1点を返す。1ー3

7回表、一死から四球と二塁打を許したところで、神谷は降板。2番手の柴田が一死二、三塁のピンチでタイムリーヒットを許し、2点を失う。1ー5

9回裏、得点圏に走者を進めるも、得点
ならず。愛教大が、1ー5で敗れました。

先発の神谷は、オープン戦を含めて過去最長の7回途中まで104球のピッチングでした。失点の場面では、四球やエラーで出した走者をタイムリーヒットで返されるという典型的なパターンでした。しかし、神谷は大学から投手に取り組み始めたばかりで、準備期間が短い中でのピッチングとしては素晴らしいものだったと思います。
2番手の柴田は、いきなり走者を背負う場面での登板でした。タイムリーヒットは許しましたが、その後の打者は味方の守備にも助けられ、追加点を最小限に抑えたと思います。
3番手の加藤は、エラーによる走者を背負いましたが、1イニングを無失点に抑えるピッチングでした。

野手陣は、ヒット4本に終わりました。初回に2本のヒットを集中させた場面と9回に走者をためた場面以外はチャンスらしいチャンスをつくれませんでした。投手陣が粘り強いピッチングをしている中での援護が必要でしたが、相手投手とのレベルの差を痛感させられました。5回の三者三振を含む9三振を喫してしまったことがそれを表していると思います。

更新が遅くなりました。
新人戦はトーナメント戦のため、この1試合のみとなりました。
また、オープン戦期間中からたくさんのご父兄の皆様に応援に来ていただきました。本当にありがとうございました。
今後の予定につきましては、順次更新していきますので、お待ち下さい。

DSCN0668.jpg
先発の神谷

P1010280.jpg
1回裏、タイムリー二塁打を放った松野
スポンサーサイト
愛教大vs至学館大(平成26年度新人戦)PREVIEW
2014年06月05日 (木) | 編集 |
今週末、7日(10時~)に新人戦 vs至学館大が行われます。
試合会場は、至学館大グランドです。
下記に至学館大グランドの地図を載せておきますので、ご覧下さい。

地図右下にある至学館大学の構内にグランドがあります。

また、7日の試合に勝ちますと、8日にも試合があります。
8日(10時~)は、愛知東邦大vs愛知みずほ大の勝者との2回戦です。
試合会場は、愛知東邦大グランドです。
下記に愛知東邦大グランドの地図を載せておきますので、ご覧下さい。


地図左上の青い目印がグランドの場所です。

いよいよ新人戦がやってきました。
1、2年生は非常に意識を高く持って練習に取り組んでくることができました。
相手は、格上のチームだと思われますが、自信を持って戦っていきたいです。
皆様のご声援宜しくお願いいたします。
愛教大vs名大(平成26年度新人戦用オープン戦)
2014年06月02日 (月) | 編集 |
6月1日に行われました、愛教大vs名大の試合内容です。

愛教大
111001450 13 H13 E2
000000000  0 H 4 E4
名大

名大
川北、野崎、生川ー落合
愛教大
加藤(尚)(# 6 2年知立東)、 神谷(#37 1年知立東)、 柴田 (#44 2年名古屋)、濱中 (#25 1年知立東)ー松野(#26 2年大垣北[岐阜])、 冨田 (#12 2年明和)

投手成績
加藤 3回 38球 被安打1 四死球1 奪三振1 自責点0
神谷 3回 35球 被安打1 四死球0 奪三振1 自責点0
柴田 2回 35球 被安打1 四死球2 奪三振1 自責点0
濱中 1回 16球 被安打0 四死球1 奪三振0 自責点0

スタメン

1 1B 野村 (#38 2年瑞陵)
2 CF 濱中 (#25 1年知立東)
3 LF 佐々木(#13 2年春日井)
4  C 松野 (#26 2年大垣北[岐阜])
5 SS 山本 (# 1 2年岡崎北)
6 3B 神谷 (#37 1年知立東)
7 2B 水野(健)(#48 2年小牧南)
8  P 加藤(尚)(# 6 2年知立東)
9 RF 長坂 (#39 1年知立東)

試合経過

1回表、先頭の野村が相手のエラーで出塁すると、続く2番濱中がきっちり送り、3番佐々木が四球でつなぎ、一死一、二塁の場面で、4番松野がセンターへのタイムリー二塁打を放ち、1点先制。1ー0

2回表、先頭の水野が二塁打で出塁すると、ワイルドピッチで三塁に進み、無死三塁から8番加藤の二ゴロで水野が本塁に突入するも、憤死。その後、9番長坂の犠打が相手の野選を誘い、一死一、二塁のチャンスを作ると、野村がセンター前タイムリーヒットを放ち、1点追加。2ー0

3回表、先頭の山本が四球で出塁すると、その後進塁打などで二死二塁の場面を作り、加藤がレフトへのタイムリー三塁打を放ち、1点追加。3ー0

6回表、 4回裏から守備に入っていた先頭の石川 (#77 2年刈谷北)が四球を選び、加藤が送りバントを試みるも失敗。走者が入れ替わり、一死一塁で長坂が四球を選び、野村がセンター前ヒットでつなぎ、濱中の二ゴロの間に1点追加。4ー0

7回表、先頭の松野が右中間への二塁打で出塁すると、その後、エラーと犠打などで二死二、三塁のチャンスを作り、加藤がライト線を破るタイムリー二塁打を放ち、2点追加。さらに、長坂もセンター前タイムリーヒットを放ち、1点追加、相手の送球が乱れる間に三塁まで進む。続く野村の打球が相手のエラーを誘い、1点追加。8ー0

8回表、先頭の佐々木がレフト線を破る三塁打で出塁すると、その後、一死一、三塁となり、6番神谷がライトへのタイムリーヒットを放ち、1点追加。さらに、7回から登板していた柴田がライト線を破るタイムリー二塁打を放ち、1点追加。続く加藤の右中間へのタイムリー三塁打で、2点追加。さらに、長坂がスクイズを決め、1点追加。13ー0

9回裏、この回から登板の濱中は、同じくこの回から二塁の守備に入っていた 松田 (#36 1年瑞陵)のファインプレーもあり、無失点で抑え、ゲームセット。13ー0で、愛教大が勝利しました。

先発の加藤は、前日に引き続き内容のあるピッチングでした!安定感も徐々に出てきており、新人戦での登板にも期待がかかります。試合をつくるピッチングができていることが非常にいいことだと思います。
2番手の神谷も、前日と同じように打たせて取るピッチングができています。アウトのほとんどがフライによるもので、相手打者が打ち損じている場面が多く見られました。新人戦では同じようにはいかないかもしれませんが、粘り強く打たせて取るピッチングを続けられればいいと思います。
3番手の柴田は、ここ最近調子があまりよくありません。ストライクよりボールが多く、安定感を欠いています。先日の春リーグやそれまでのオープン戦では素晴らしい内容のピッチングができていたため、新人戦までの期間にトップフォームを取り戻すことを意識することが大切だと思います。
4番手の濱中は、当初は登板予定がなく、スクランブルでの登板でしたが、1イニングをしっかり抑えました。ほかの投手にも言えることですが、新人戦では、スクランブルに備えて全員がいつでも登板できる準備をしておくことが必要です。

野手陣も、前日に引き続き2試合連続二桁得点、二桁安打で打線も全体的に好調を維持。つながりが出てきています。
この日は、8番加藤が5打数3安打5打点の猛打賞の大活躍!安打は二塁打1本、三塁打2本と素晴らしい内容でした!先週の試合では調子がよくありませんでしたが、前日の試合も含めてかなり状態がよくなってきています。投手、野手、主将の二足の草鞋(わらじ)ならぬ「三足」の草鞋を履くことになりますが、新人戦での大車輪の活躍に期待がもてます。
4番松野は、4打数3安打1打点の猛打賞、1番野村は、マルチ安打で2盗塁の活躍でした。
そして、途中から登板した柴田がこの日大学初打席で、なんとタイムリー二塁打を打ちました!投手専任の柴田は、普段打席に立たないため、高校以来となる打席でした。新人戦でも打席に立つ可能性はあるので、いいイメージでこれからの打席に臨めると思います。

新人戦に向けたオープン戦が全て終わり、愛教大は3戦全勝することができました。
投打ともに調子がよく、全体としての層の厚さを感じられる場面もたくさんありました。
新人戦に向けていい状態で入っていけると思います。
皆様のご声援宜しくお願いいたします。

P1010125.jpg
マルチ安打、2盗塁の野村

P1010162.jpg
猛打賞の松野

P1010252.jpg
3回表、7回表、8回表にタイムリーヒットを放った加藤
[READ MORE...]
愛教大vs名市大(平成26年度新人戦用オープン戦)
2014年06月01日 (日) | 編集 |
5月31日に行われました、愛教大vs名市大の試合内容です。

愛教大
0043043 14 H15 E1
0000001  1 H 5 E3
名市大

名市大
宮田、大池ー井上
愛教大
神谷(#37 1年知立東)、加藤(尚)(# 6 2年知立東)ー松野(#26 2年大垣北[岐阜])

投手成績
神谷 4回 43球 被安打1 四死球2 奪三振2 自責点0
加藤 3回 56球 被安打4 四死球2 奪三振5 自責点1

スタメン

1 1B 野村 (#38 2年瑞陵)
2 2B 山本 (# 1 2年岡崎北)
3 LF 佐々木(#13 2年春日井)
4  C 松野 (#26 2年大垣北[岐阜])
5  P 神谷 (#37 1年知立東)
6 SS 加藤(尚)(# 6 2年知立東)
7 CF 濱中 (#25 1年知立東)
8 3B 石川 (#77 2年刈谷北)
9 RF 長坂 (#39 1年知立東)

試合経過

3回表、先頭の長坂がヒットで出塁すると、続く1番野村がバントヒットを決める。その後2番山本がきっちり送り、一死二、三塁のチャンスで、3番佐々木がレフト前タイムリーヒットを放ち、1点先制。さらに、4番松野のレフト線を破るタイムリー二塁打で、2点追加。その後、二死二塁から6番加藤がライトへのタイムリー二塁打を放ち、1点追加。4ー0

4回表、一死から9番長坂がヒットで出塁すると、2番山本がヒットでつなぎ、二死一、二塁の場面で、3番佐々木がライト前タイムリーヒットを放ち、1点追加。さらに、4番松野の遊ゴロで相手のエラーを誘い、2点追加。7ー0

6回表、先頭の野村がヒット、続く2番山本が相手のエラーで出塁し、無死二、三塁のチャンスを作るも、3番佐々木の一ゴロで野村が三本間で挟まれ、憤死。しかし、4番松野が四球でつなぐと、5番神谷がセンター前タイムリーヒットを放ち、2点追加。さらに、7番濱中がセンター前へタイムリーヒットを放ち、1点追加。その後、8番石川のところで代打の水野(健) (#48 2年小牧南) の一ゴロの間に1点追加。11ー0

7回表、一死から1番野村がライトへの二塁打で出塁すると、2番山本、3番佐々木が連続四球を選び、一死満塁のチャンスを作ると、4番松野のところで代打の宮地 (#55 1年滝)がライトオーバーの走者一掃タイムリー二塁打を放ち、3点追加。14ー0

7回裏、5回から登板していた加藤が、相手の先頭打者に二塁打を許すと、その後ヒットと死球を与え、無死満塁のピンチを背負うと、攻めながらも押し出しの四球を与えてしまい、1点を失う。しかし、その後は無死満塁のピンチで連続三振を奪うなどのピッチングで抑え、ゲームセット。7回コールドゲームにより、14ー1で、愛教大が勝利しました。

先発の神谷は、4回を被安打2四死球2自責点0に抑える好投でした!テンポのいいピッチングが光りました。高めのボールを引っかけたり、早打ちなど相手の打線に助けられた場面もありましたが、次につながるピッチングだったと思います。
2番手の加藤も、ストライク先行のいいピッチングでした!7回の押し出しの四球は、きわどいボールが多く、攻めた結果の内容のあるものだったと思います。真っすぐとスライダーの出し入れが非常によかったです。

野手陣は、15安打14得点と先週の試合の反省を生かすことができました!特に、1番野村が5打数4安打の固め打ち、3番佐々木、4番松野がマルチ安打、松野は4打点の活躍でした!
また、この日の試合は、1年生の活躍も目立ちました。5番神谷は5打数2安打2打点、9番長坂は3打数2安打1四球、7回には代打宮地がライトオーバーの走者一掃タイムリー二塁打、それぞれの持ち味を十分に発揮しました。
そして、大量得点のきっかけとして考えられることは、7イニングのうち、6イニングで先頭打者を出すことができたからではないかと思います。主導権を握り、こちらのペースで試合を運べました。

更新が遅くなりました。
今日、1日に予定していた名大とのオープン戦は13ー0で勝利しました。
詳細は更新していきますので、お待ちください。

P1010118.jpg
4回無失点のピッチングの先発の神谷

DSCN0580.jpg
マルチ安打の佐々木

DSCN0587.jpg
マルチ安打の神谷
愛教大vs名市大 愛教大vs名大(平成26年度新人戦用オープン戦)PREVIEW
2014年05月29日 (木) | 編集 |
今週末、31日(14時~)にオープン戦 vs名市大、6/1(10時~)にオープン戦 vs名大 が行われます。
試合会場は、31日は愛教大グランド、1日は名大グランドです。
下記に名大グランドの地図を載せておきますので、ご覧下さい。


地図下部にある目印のあたりがグランドの場所になります。
大学の中心部からは離れていますので、ご注意下さい。

新人戦前の最後のオープン戦となります。
先日の南山大戦で見つかった各自の課題を意識して試合に臨んでいきます。
皆様のご声援を宜しくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。