愛知大学野球連盟所属、愛知教育大学硬式野球部のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛教大vs岐阜大(平成28年東海国立大会)
2016年07月03日 (日) | 編集 |
7月3日に行われました、愛教大vs岐阜大(東海国立大会)の試合内容です。

岐阜大
000000102   3 H 10 E2
00000000X  0 H 7 E0
愛教大

愛教大
神谷(#37 3年知立東),因田(#16 1年一宮),大木(#22 2年豊橋東)ー坂野 (#99 2年春日井)

投手成績
神谷 6回1/3 84球 被安打6 四死球1 奪三振1 自責点0
因田 1回 2/3 25球 被安打2 四死球1 奪三振1 自責点0
大木 1回 19球 被安打2 四死球1 奪三振1 自責点2


スタメン

1 SS 安藤 (#61 2年高蔵寺)
2 3B 加藤(拓) (# 7 2年瑞陵)
3 RF 青山 (#52 2年名東)
4 DH 松野 (#26 4年大垣北[岐阜])
5 1B 友清 (#52 1年昭和)
6 CF 坂野 (#99 2年春日井)
7 CF 濱中 (#10 3年知立東)
8 LF 佐々 (#57 2年南山)
9 2B 内藤 (#61 1年一宮西)
   P 神谷 (#37 3年知立東)

試合経過

7回表
先発の神谷が先頭打者に二塁打を与えるとワイルドピッチが絡み、ランナー1,3塁とする。ここでバント処理でミスが発生し1点を失うも2番手の因田が後続を断つ。


9回表
この回から大木が登板。しかし、二死から二塁打を許し、四球を絡めて2.3塁とする。ここでセンター前にタイムリーを許し2点を追加される。




投手陣は、多くのヒットを許す中で粘りの投球ができていたと思います。野手との連携の面で課題が残りました。先発の神谷は変化球を織り交ぜながらの丁寧な投球で、しっかりとゲームを作れたと思います。


野手陣は、チャンスは幾つか作れていましたが、あと1本が出ませんでした。相手投手の速球に押されていたのもありますが、打つだけでなくバントや走塁で点をとれたら、と思いました。守備の面では7回にバント処理のミスがあり、それが先制点につながったことが痛かったです。緊迫した展開だったので1つのミスが大きな分かれ目でした。細かいことですが、今回のような展開の場合、試合の勝敗を分けてしまうため徹底していきたいです。



今後の試合につきましては、随時、PREVIEWでお知らせしていきます。
皆様のご声援を宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト
愛教大vs豊技大(平成27年度東海国立大会)
2016年07月02日 (土) | 編集 |
7月2日に行われました、愛教大vs豊技大(東海国立大会)の試合内容です。

豊技大
000000020  2 H 5 E1
00300100X  4 H 13 E2
愛教大

愛教大
杉山 (#19 2年静岡東[静岡]),因田(#16 1年一宮),柴田(#44 4年名古屋)ー坂野 (#99 2年春日井)

投手成績
杉山 6回 79球 被安打4 四死球2 奪三振4 自責点0
因田 1回1/3 22球 被安打1 四死球2 奪三振1 自責点2
柴田 1回2/3 22球 被安打0 四死球1 奪三振0 自責点0


スタメン

1 SS 安藤 (#61 2年高蔵寺)
2 3B 加藤(拓) (# 7 2年瑞陵)
3 RF 青山 (#52 2年名東)
4 DH 松野 (#26 4年大垣北[岐阜])
5 1B 友清 (#52 1年昭和)
6 LF 佐々 (#57 2年南山)
7 CF 濱中 (#10 3年知立東)
8 C 坂野 (#99 2年春日井)
9 2B 内藤 (#61 1年一宮西)
   P 杉山 (#19 1年静岡東[静岡])

試合経過


3回裏
先頭の8番坂野がセンターのエラーで出塁する。その後、9番内藤、1番安藤が連続出塁。3番青山、4番松野が連続タイムリーを放ちこの回3得点。

6回裏
先頭の7番佐々がライト前にヒットを放つが、送りバントが失敗し1アウト。しかし、8番坂野がヒットを放ち、1番安藤が犠牲フライで1点。

8回表
前の回から登板した2番手の因田が先頭打者に四球を出すと守備に乱れがでて無死満塁となる。ここで3番手の柴田が登板し三者凡退に抑えたが2点を失う。



投手陣は、先発の杉山は6回無失点とゲームを作ることができていたと思います。要所でのコントロールが甘く、ヒットを打たれる場面や、序盤の四球があったので改善していきたいです。2番手の因田は四球から守備のミスもあり苦しい投球となりましたが、打者に対して勝負できていたので次回以降に期待したいです。3番手の柴田は無死満塁から登板したもののゴロを打たせてしっかりと切り抜けました。


野手陣は、バントや走塁で得点できたことが大きな収穫だと思います。しかし、13安打とヒットを稼いだものの、4得点と大量得点に結びつきませんでした。ライナーバックでのミスなどもありランナーを効率的に返すことができなかったため、チャンスを活かしきることが課題にあがります。また、守備面において若いメンバーなこともありバント処理、シフトなどでミスが目立ちました。まだ発展途上のチームなのでこれからの成長に期待したいです。




今後の試合につきましては、随時、PREVIEWでお知らせしていきます。
皆様のご声援を宜しくお願いいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。