愛知大学野球連盟所属、愛知教育大学硬式野球部のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛教大vs至学館大(平成28年オープン戦)
2016年08月02日 (火) | 編集 |
7月30日に行われました、愛教大vs至学館大の試合内容です。

愛教大
110102000   5 H 8 E0
00201100X  4 H 9 E0
至学館大

愛教大
神谷(#37 3年知立東),因田(#16 1年一宮),大木(#22 2年豊橋東)ー坂野 (#99 2年春日井)

投手成績
神谷 6回 96球 被安打8 四死球2 奪三振4 自責点4
因田 2回 34球 被安打1 四死球2 奪三振0 自責点0
大木 1回 12球 被安打0 四死球1 奪三振0 自責点0


スタメン

1 SS 安藤 (#61 2年高蔵寺)
2 2B 加藤(拓) (# 7 2年瑞陵)
3 DH 野村 (#38 4年瑞陵)
4 3B 友清 (#52 1年昭和)
5 1B 佐々 (#57 2年南山)
6 LF 竹内 (#25 1年小牧南)
7 RF 青山 (#52 2年名東)
8 C 坂野 (#99 2年春日井)
9 CF 濱中 (#10 3年知立東)
   P 神谷 (#37 3年知立東)

試合経過

1回表
先頭の1番安藤が積極的な打撃を見せ出塁すると、すかさず盗塁しノーアウト2塁。2番加藤が進塁打を放ち、3番野村の犠牲フライで先制。 1-0

2回表
8番坂野が2アウトランナー無しから高めの球をレフトスタンドへ叩き込む。2-0

3回裏
相手の先頭打者にファールで粘られ四球を与えてしまう。次の打者に追い込んでからホームランを打たれ同点とされる。 2-2

4回表
先頭の5番佐々がヒットで出塁すると6番竹内が四球を選ぶ。7番青山が送りバントを決めると9番濱中がスクイズを決め、勝ち越し。 3-2

5回裏
2アウトから相手の4番打者に初球をレフトスタンドに運ばれる。 3-3

6回表
先頭の代打長坂、7番青山と連続ヒットで出塁すると、8番坂野が送りバントを決めランナー2.3塁とする。9番の濱中がタイムリー2ベースを放ち再び勝ち越し。 5-3

6回裏
1アウトから7番に四球を与える。9番、1番と連続ヒットを浴び1点を失う。 5-4



投手陣は、全体的にランナーを出す場面が多い中、粘り強く投球できていたように感じます。先発の神谷は被本塁打の場面が目立ちました。早いカウントからヒットを浴びる場面が多かったので初球の入りやカウントの取り方が課題として残りました。因田はきっちりと抑えましたが無駄な四球が目立ちました。失点につながりやすい状況を作るため、改善したいです。大木は力強い球を低めに集めることができていました。勝負所でのコントロールに磨きがかかると一段と良い投手になると感じました。



野手陣は、エラーやミスが少なく、締まった試合展開を作れていたと思います。また、バントをしっかりと決めて得点に絡めていて良い攻撃のリズムができていました。ただ3人目の投手には三者凡退で5三振と抑えられてしまったのでどんなタイプの投手からもしっかり得点できる打撃をしていきたいです。






今後の試合につきましては、随時、PREVIEWでお知らせしていきます。
皆様のご声援を宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。