愛知大学野球連盟所属、愛知教育大学硬式野球部のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛教大vs名工大(平成28年オープン戦)
2016年08月31日 (水) | 編集 |
8月28日に行われました、愛教大vs名工大の試合内容です。

名工大
201000100   4 H 4 E0
00201300X  6 H 9 E2
愛教大

愛教大
加藤(尚)(# 6 4年知立東),浅野(#63 1年一宮)ー宮地(#55 3年滝)

投手成績
加藤(尚) 8回 123球 被安打4 四死球4 奪三振7 自責点1
浅野 1回 21球 被安打0 四死球1 奪三振0 自責点0



スタメン

1 RF 佐々木(#13 4年春日井)
2 SS 安藤 (#61 2年高蔵寺)
3 LH 野村 (#38 4年瑞陵)
4 1B 松野 (#26 4年大垣北[岐阜])
5 3B 友清 (#11 1年昭和)
6 2B 山本 (# 1 4年岡崎北)
7 C 宮地 (#55 3年滝)
8 DH 佐々 (#57 2年南山)
9 CF 濱中 (#10 3年知立東)
   P 加藤(尚) (# 6 4年知立東)

試合経過


1回表
先頭打者にセンター前ヒットを許すと四球を与えると、送りバントを絡ませて2死2,3塁となる。ここでタイムリーツーべースを打たれて2点を先制される。 2-0


3回表
9番打者に四球を与えると、次の打者に2塁打を許す。さらに四球を与え無死満塁となる。内野安打で1点を追加されるも後続を断ち、最小失点で抑える。 3-0


3回裏
先頭の9番濱中がレフトへのヒットで出塁すると、続く1番佐々木もライト前にヒットを放つ。3番野村が死球で出塁し2死満塁としたところで4番松野がタイムリーツーべースを放ち、2点を返す。 3-2


5回裏
先頭の1番佐々木がヒットで出塁すると、すかさず2番安藤が送りバントを決めると、5番友清が3塁線を破るヒットを放ち同点とする。 3-3


6回裏
先頭の7番宮地が四球で出塁するが、8番、9番とアウトになってしまう。しかし、1番佐々木が死球で出塁すると続く安藤もヒットでつなぐ。3番野村が走者一掃のタイムリーツーべースを放ち、逆転に成功する。 3-6


7回表
先頭打者を振り逃げで出塁させると、続く打者にヒットを打たれてしまう。2死までたどり着くもヒットを許し1点を失う。 4-6


投手陣は、要所でのコントロールミスが目立ちました。先発の加藤はボール先行のカウントからヒットを許す場面が目立ったため、いかに上手くカウントを作っていくかが課題となりそうです。しかし、スライダーを有効に使い勝負所で三振をとることができていました。浅野は短いイニングでしたがきちんと左打者にはインコースで勝負できていた所が良かったです。無駄な四球がもったいないため改善していきたいです。


野手陣は、前回の試合に比べて狙いを絞って攻撃できていたように感じます。送りバントもきっちりと成功していたため良い流れで攻撃できていました。どのチームに対しても今回のような攻撃ができるといいと思います。しかし、攻撃の起点となる選手や、勝負所で打つ選手が4年生に多いため、1,2,3年生が頭角を現してくるとさらにいいチームになると思いました。



今後の試合につきましては、随時、PREVIEWでお知らせしていきます。
皆様のご声援を宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。