愛知大学野球連盟所属、愛知教育大学硬式野球部のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛教大vs淑徳大①(平成28年秋季リーグ戦)
2016年10月05日 (水) | 編集 |
10月2日に行われました、愛教大vs淑徳大の試合内容です。

淑徳大
100200000   3 H 11 E0
01022010 6 H 8 E0


愛教大
加藤(尚)(# 6 4年知立東),浅野(#63 1年一宮),大木(#22 2年豊橋東)ー宮地(#55 3年滝)

投手成績
加藤(尚) 7回 126球 被安打10 四死球6 奪三振3 自責点3
浅野 1回2/3 28球 被安打0 四死球2 奪三振0 自責点0
大木 1回 12球 被安打1 四死球0 奪三振1 自責点0



スタメン

1 RF 佐々木(#13 4年春日井)
2 SS 安藤 (#61 2年高蔵寺)
3 LH 野村 (#38 4年瑞陵)
4 1B 松野 (#26 4年大垣北[岐阜])
5 DH 友清 (#11 1年昭和)
6 CF 青山 (#52 2年名東)
7 C 坂野 (#99 2年春日井)
8 2B 山本 (# 1 4年岡崎北)
9 3B 加藤(拓) (# 7 2年瑞陵)
   P 加藤(尚) (# 6 4年知立東)

試合経過

1回表
2死までリズムよく打ちとるも、3番、4番と連続で二塁打を許してしまい1点を失う。1-0

2回裏
先頭打者の6番青山が二塁打で出塁するも送ることができず、2死となる。ここで9番加藤拓がタイムリーを放ち、1点を返す。 1-1

4回裏
この回も、先頭の青山が二塁打で出塁。続く坂野が死球で出塁すると9番加藤拓がしっかりと送り、2死2,3塁とする。1番佐々木が一塁強襲ヒットを放ち2点を追加し、勝ち越しに成功する。 1-3


5回表
先頭打者に二塁打を許し、1死2塁となったところでタイムリーを許してしまう。続く打者にも二塁打を放たれ2点を失う。 3-3


5回裏
先頭の3番野村がヒットで出塁すると、すかさず盗塁で2塁へ進む。4番松野がセンターオーバーの二塁打を放ち、2人で1点をとる。また、6番青山がライト前にタイムリーを放ち、またも勝ち越す。 3-5


7回裏
先頭の野村がセンター前にヒットを放ち出塁。ワイルドピッチと送りバントで3塁まで進むと代打佐々がライトへ大きなフライを放ち犠牲フライで1点を追加する。 3-6



投手陣は、苦しい展開が多くなりました。先発の加藤は制球が定まらずに先頭打者を出す場面が多く、3度の満塁の場面にみまわれましたがなんとか粘りのピッチングでゲームを作ってくれました。続く浅野は相手の流れを断ち切るナイスリリーフでした。四死球もありましたが左打者に臆せず、攻めの投球ができていたと思います。大木は多少制球が乱れたものの、しっかりゲームをしめてくれました。


野手陣は、攻撃の起点となる選手がしっかりと仕事をしてくれたように感じました。特に3番野村と6番青山は3安打を放ち、起点として大きな働きをしてくれました。サインミスや走塁ミスなど多少雑な面があったので細かいところをしっかりとしていきたいです。守備面では大きなエラーがなく安定した守備ができていました。細かいところでは、内外野の間の打球の声かけや中継に質の向上が見込めると思います。


今後の試合につきましては、随時、PREVIEWでお知らせしていきます。
皆様のご声援を宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。