愛知大学野球連盟所属、愛知教育大学硬式野球部のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛教大vs名古屋大①(平成29年春季リーグ戦)
2017年05月17日 (水) | 編集 |
5月6日に行われました、愛教大vs名古屋大の試合内容です。

愛教大
000100000   1 H 7 E0
01006000  7 H 16 E0
名古屋大

愛教大
浅野(#63 2年一宮),杉山(#19 3年静岡東),因田(#16 2年一宮)ー大木(#22 3年豊橋東)

投手成績

浅野 4回0/3 91玉 被安打8 四死球4 奪三振0 自責点6
杉山 0回3/3 22球 被安打4 四死球0 奪三振0 自責点1
因田 3回 62球 被安打4 四死球4 奪三振3 自責点0




スタメン

1 DH 佐々 (# 3 3年南山)
2 2B 内藤 (#71 2年一宮西)
3 CF 青山 (#52 3年名東)
4 1B 友清 (#11 2年昭和)
5 SS 安藤 (#61 3年高蔵寺)
6 3B 加藤 (# 7 3年瑞陵)
7 C 大木 (#22 3年豊橋東)
8 LF 長坂 (#39 4年知立東)
9 RF 竹内 (#20 2年小牧南)


試合経過


2回裏
相手の先頭打者にヒットを許すと、続く打者に送りバントを許し、タイムリーによって1点を失う。 0-1


4回表
先頭打者の5番安藤がヒットで出塁すると、続く6番加藤が送りバントできっちり送る。8番長坂がライトオーバーのスリーベースを放ち1点を先制する。 1-1


6回裏
浅野は先頭打者にヒットを許し、続く打者に2塁打を打たれると3者連続四死球を与えてしまう。ここで投手は杉山に交代するも流れをきれずにタイムリーでランナーを返してしまう。 1-7



野手陣は、エラーなくきっちりとした守備展開をするも中軸をしっかりと抑えられてしまい得点につなげることができませんでした。しっかりとどこからでも得点に絡める打撃力が課題であると感じました。


投手陣は、エラーや四死球などをきっかけに大量失点してしまうケースが非常に多い部分があらわれてしまいました。しっかりコースを攻め切れる制球力が課題として残りました。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。