愛知大学野球連盟所属、愛知教育大学硬式野球部のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛教大vs名古屋大②(平成29年春季リーグ戦)
2017年05月17日 (水) | 編集 |
5月7日に行われました、愛教大vs名古屋大の試合内容です。

名古屋大
051020000   8 H 3 E0
20000000  2 H 6 E5
愛教大

愛教大
濱中(#10 4年知立東),松浦(#18 2年春日井)ー大木(#22 3年豊橋東)

投手成績

濱中 8回 129球 被安打7 四死球9 奪三振2 自責点3
松浦 1回 12球 被安打0 四死球0 奪三振1 自責点0




スタメン

1 DH 佐々 (# 3 3年南山)
2 2B 内藤 (#71 2年一宮西)
3 CF 青山 (#52 3年名東)
4 1B 友清 (#11 2年昭和)
5 SS 安藤 (#61 3年高蔵寺)
6 3B 加藤 (# 7 3年瑞陵)
7 C 大木 (#22 3年豊橋東)
8 LF 長坂 (#39 4年知立東)
9 RF 竹内 (#20 2年小牧南)


試合経過


1回裏
先頭打者の1番佐々が四球で出塁すると、続く2番内藤がきっちり送りバントを決める。続く4番友清、5番安藤と連続タイムリーを放ち2点を先制する。 0-2


2回表
先発の濱中は2つの四死球でランナーを溜めるとタイムリーを放たれてしまい失点。その後ホームランを許し、野手のエラーも絡み5点を失う。 5-2


3回表
先頭打者をエラーで出塁させるとワイルドピッチで進塁させてしまう。続く打者にタイムリーを許し1点を失う。 6-2


5回表
2つの四死球でランナーをためてしまうと、送りバントを許し、続く打者に連続タイムリーを打たれ2点を失う。 8-2



野手陣は、エラーからの失点が目立ってしまいました。1つのエラーからずるずると崩れて行く印象があったので流れを変える選手がでてきたらいいな、と感じました
また、バッティングは最後まで散発で終わってしまいました。狙い球を絞る中で甘い球をしっかりと捉えていきたいです。



投手陣は、先発の濱中は野手のエラーが絡む中で粘り強く投げてくれました。しかし、四死球でためたランナーを返されて得点になるパターンが非常に多いため改善したいです。各投手全員のレベルアップが要求されるリーグ戦でした。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。